横浜スーパー1年生緒方の「信念&自信」、広島新庄は1球の怖さ痛感



1番・緒方 漣(横浜).

◆攻撃力の横浜、守備力の広島新庄の対戦
村田監督になり、初めての夏の甲子園へたどり着いた名門・横浜。全学年に実力者が揃い、強力打線で神奈川大会を勝ち抜いてきた。対するは初めて春夏連続での甲子園出場を決めた堅守の広島新庄。二刀流・花田 侑樹を筆頭に、横浜に負けず、投打で実力者が揃っている。

 実力が拮抗するだけに、接戦が予想された中で、その期待に応える内容となった。

◆ルーキーの大仕事で熱戦制す
4回まで互いに0点の中で、広島新庄が5回に8番・河野 優輝のタイムリーで先取点を奪うことに成功する。

 追いかける横浜は8回、先頭の1番・緒方 漣がファーストストライクを打ってショートゴロに倒れるも、3番・金井 慎之介のヒットなどで二死一、二塁のチャンスを作った。しかしここは広島新庄2番手・西井 拓大に抑えられ相手が勢いづくと、逆に9回表、広島新庄に1点を追加された。

 2対0と後が無くなった横浜だが、6番・岸本 一心と7番・玉城 陽希の連打などで二死一、三塁にする。ここで1番・緒方がまたもファーストストライクを捉えると、打球がレフトスタンドに届くサヨナラホームラン。ルーキーの大仕事で横浜広島新庄を下した。