目次

[1]力試しのつもりでプロ志望届を提出
[2]小さい変化球を習得し、飛躍のきっかけを掴む

 9月13日に東都大学野球がスタートし、大きく評価が上がっているる投手がいる。それが日本大の赤星 優志だ。2試合連続で完封勝利を挙げた。最速152キロのストレートにカットボール、ツーシームなど複数球種を投げ分け、打者を翻弄する投球術。常に冷静沈着なマウンド捌き。大学生らしからぬ老獪な投手として、注目が集まっている。

 今回はそんな赤星の野球人生の歩みに迫っていく。


力試しのつもりでプロ志望届を提出


 小学校1年から野球を始め、投手スタートは6年生から。世田谷区立三宿中(みしゅく)では上馬クラブ(かみうま)でも、投手として活躍。当時からコントロールには自信があり、「細かいコントロールはなかったのですが、とにかく四球を出さなかった投手でした」と振り返る。

 西東京の強豪・日大鶴ヶ丘に進むきっかけは、中学校の対戦チームの監督が日大鶴ヶ丘出身で、進学を進められたという。成績も優秀だった赤星は勉強推薦という形で進学をした。

 明大前に所在する日大鶴ヶ丘の周りには住宅街が多く、19時までしか練習ができない。朝早くから練習をして、実力を磨く日々だった。ただ赤星は軟式上がりの投手だったため、硬式出身の投手と比べると、身体も小さく、硬式に慣れていなかった。それでも、地道に努力を重ね、1年秋からベンチ入りを果たす。

 そして球速面でも大きな変化があった。入学して初めて自身の球速が分かるようになり、最初は130キロいくかいかないかぐらいだったが、最終学年では145キロまで出るようになった。その背景にトレーニングに対する意識が変わったことを挙げる。
 「トレーニングも中学までは何も知らない状態でして、高校に入って徐々にトレーニングに対する意識が変わってきて、監督さんから投手メニューのバランスボールを使った体幹トレーニングを教わりました。さらに食事も自分自身で管理するようになって、多めになって、それが成長につながったと思います」

 春のオープン戦で最速145キロをマークし大台に乗った。最後の夏では、4回戦敗退となったが、145キロ右腕として名を知られる存在となった。そしてこの年の秋にプロ志望届を提出。プロ1本というものではなく、自分の評価を知るために提出した。
 「監督さんと相談をして、将来の目標がプロ野球選手でした。高校3年生の時点で力試しをして、自分の評価を知りたかったんです。その力試しするには、入団テストが一番でした。入団テストを受けるには、プロ志望届けを出す必要があったんです」

 入団テストでは3球団を受験した。その中には1球団から合格をもらい、調査書も届いたが、縁がなく、指名漏れとなった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。