この夏は、智辯和歌山智辯学園の「智辯対決」決勝になったということもあって、改めて漢字表記のユニフォームにスポットが当たったような気がする。特に、漢字二文字のユニフォームとしては、両智辯のほか、今大会最速投手と注目された風間 球打明桜も、漢字二文字に横書きで「明桜」だった。そして、その明桜を下したのが同じタテジマで漢字二文字の横書きの明徳義塾で、胸の表記は「明徳」だった。

 実は、この両校の対戦も類似ユニフォーム対決だった。白地にタテジマでストッキングも共にラインなどはない濃紺の一色で、斜めから見える「明」の文字も同じような相撲漢字とも言われている教科書体のようなわかりやすい文字となっている。よく似ており、一見すると見分けがつかないくらいだったが、明桜は文字に黄色の縁取りがあり、右袖口の校章も黄色が基調となっている。このあたりは区別しやすかったと言えようか。ちなみに帽子もストッキングと同色の濃紺でマークは「M」だが、明徳義塾は千葉ロッテマリーンズのような書体の「M」だが、明桜はデザイン文字の「m」でこれはかなり違いがあったので、見分けやすい。

 また、同じ「明」の文字があって漢字二文字の横書きとしては今春のセンバツ準優勝校でこの夏も出場を果たした明豊もそうだ。ただし、明豊の場合は白地に濃い青で「明豊」と書かれていて、ユニフォームには、フロントラインが入っている。ストッキングも同色で白の二本線が入っているのが特徴だ。

 なお、この夏の選手権大会の甲子園出場校で言えば、漢字二文字の横書き表記のユニフォームを使用していたのは、他には「聖愛」の弘前学院聖愛。「航空」の日本航空と九州勢では明豊のほかにも「西短」の西日本短大附と「熊工」の熊本工、「樟南」の樟南があった。

 熊本工はグレーの地色に毛筆体の黒文字で「熊工」と力強く書かれている伝統のユニフォームだ。ストッキングも黒一色で、力強さを感じさせてくれるものでもある。樟南も、かつての鹿児島商工時代は「鹿商工」だったが、校名変更と共に「樟南」の二文字となり、しかも、その年(1994年)に準優勝を果たしているだけにインパクトは強かった。